イタグレSaphi&ウィペットAmber’s blog

IGサフィとWPアンバーの日常を綴る飼い主の日記。

犬のご飯も色々。

イタリアングレーハウンド@サフィ

ウィペット@アンバー

 

犬のご飯。

おおまかに分けると、

手軽にそのままあげることが出来る

▪ドライフード

▪ウェットフード

手作り食なら

▪ローフード

▪加熱食

▪ローフード+加熱食

の5タイプでしょうか。

たった5タイプしかないのに、少し調べるだけでも膨大な情報が出てくる。

一体、何が良いのだろうかと出口のない迷路に迷い込んでしまった気分になる。

そんな中で、ちょっと興味深いサイトがあったので載せてみました↓

www.gizmodo.jp

(※私は生食を否定するつもりも無いし、サフィアンに食べさせる事もあるし。)

その他にも、

1日に2種類以上の獣(肉)を食べさせない方がいいとか、

アレルギー対策でローテーションするなら最低でも1週間は同じ肉を使った方がいいとか、

魚は犬の体に好ましくないとか好ましいとか、

犬に野菜は良くないとか良いとか、

何種類かのドライフードを混ぜた方が良いとか良くないとか、

粗食がいいとか、

etc…

良いと言う考えが出てくれば必ず反対意見も出てくる。

色々な見解があるんだなーと。

個々の考え方は一長一短。

結局、最後に決めるのは飼い主という事かな。

 

実は、我が家も一時期ローフードに変えようかと考えた時期もありましたが、

①完全生食はパパが反対。

 

②犬の起源はオオカミと言われているが、人と共に生活してきた彼らの体は肉食寄りの雑食へと少なからず進化してきている。

③うちの子達は野生ではない。

など、色々様々な理由を考えた結果、手作り加熱食に落ち着きました。

もちろんこれは我が家の考え方なので、それは間違っていると思う方も居ると思いますが、、σ(^_^;)

 

今は人も飽食、犬も飽食な時代。

酵素が足りないと言うなら、

酵素をプラスしてあげればいいし、

カルシウムが足りないと言うなら、

カルシウムをプラスすればいい、

ビタミン・ミネラル・オメガ6オメガ3…その他にも色々ありますが、足りなければプラスすればいいかなと。

毎日が完璧ではなくても、トータルで±0ならいいのではかなと思う。

 

ただひとつ、我が家には拘りがあります。

それは『ペット用』と謳っている食材は基本的には使わない事。

人も食べて良いと言うものは除きますが、『これはペット用なので人は食べないで下さい』的なものはサフィアンに食べさせません。

だって、人が食べれないのに犬は平気だなんて考えられないんですもんσ(^_^;)

なので常食はしませんが、

始めてのものは私、、

どんなものでも数日間は食べて、自分の身体で確認します・笑

(内臓系以外は、、内臓は苦手なのです( ꒪⌓︎꒪))


f:id:saphi0402amber0901:20181125102253j:image
f:id:saphi0402amber0901:20181125102212j:image

***記録***

最近のサフィアン食事量。

▶サフィ(現在6kg) 1食

▪肉 (豚鶏) 90~150g弱

▪元気ごはんの素  40g

▪亜麻仁オイル(夜のみ)

▪カルシウム適量(1~2日おき)

▪その他  野菜適宜

酵素(朝のみ)

 

▶アンバー(現在9.65kg) 1食

▪肉(馬鹿豚鶏) 220~250g

▪元気ごはんの素  60g

▪亜麻仁オイル(夜のみ)

▪カルシウム適量(1~2日おき)

▪グリーントライプ適量

▪その他  野菜適宜

f:id:saphi0402amber0901:20181125102108j:image

最近の2匹は、これでも足りないと催促してくるほど食欲旺盛。

毎食毎食美味しそうにペロリと平らげてくれるのは嬉しいのだが、ひとつだけ困った問題が、、

アンバーが肉以外を残すのだ。

ガツガツと一心不乱に肉を食べた後、野菜やご飯のみが皿に残ると食べない。

仕方がないからクリームチーズを少ーしだけ混ぜてあげる。すると、キラッキラの目をしてまたガツガツ食べ出すのであーる( 笑 )